main icon スピード写真での証明写真はNGです

転職をする時に必要になる書類のひとつに履歴書があるでしょう。履歴書は書類審査として前もって送付することが多く、会社に自己アピールするための大切なものとなりますから、ちゃんと要点を把握して作成する必要があるでしょう。履歴書は証明写真を貼ることが必須ですが、その写真からどんな人物かイメージする担当者もいますから、表情や服装に十分に気を付けて撮影をしましょう。表情を明るくするように気を付けて、軽く口角を上げるようにすると意欲的な表情を作ることができます。また写真を取る際はスーツを着て、清潔感がある髪型をしましょう。

写真もスピード写真ではなく、写真館などで撮ったものであるとより良いでしょう。

その次に大切なのは「学歴」と「職歴」です。応募者がこれまでどのような経歴があるのか、前の会社をどうして退職したのか、自社で即戦力になるようなスキルを持っているかをチェックします。職歴欄はどういった仕事をしてきたのかを簡単に書いておくと分かりやすいです。自身を最高にアピールできるのが「志望動機」の欄になります。

cap image

企業側はなんでこの企業への入社を志望しているかに加え、応募者がどれほど会社の仕事内容を理解しているのか、自分自身の強みを理解しているのか、それから目標を立てて達成するためのヤル気があるかを見ようとします。ここではなるべく具体的に志望動機を記入し、どれほどやる気があるのかを伝えることが大切になるでしょう。そのためには会社の特性やその業界の他社との違いなどを知っておくことが大切になることでしょう。

趣味などは軽視してしまうかもしれませんが、それらも自分を表現するために必要な項目です。

読書が趣味であったり運動が得意なのかで相手に与える印象は大きく異なるでしょう。また面接の際の話題作りにもなり会話が弾むかもしれませんから、自身が関心のあることを書いておきましょう。インターネットのサイトなどで履歴書のお手本を見ることができますが、コピーをしたりせず、自分の言葉で作成することによって、更に自分のヤル気を相手に証明することができます。心をこめて、自分のやる気を最大限に見せられるようにしていきましょう。